ニキビが出来やすくなる間違ったスキンケア

ニキビで悩んでいる人は世代を問わず多くいるとは思います。

洗顔がきちんと行えていなかったり、生活習慣によってニキビが出来てしまうことがほとんどですが、実は間違ったスキンケアでもニキビは出来てしまうのです。
そこで今回はそんな間違ったスキンケアと正しいスキンケアをご紹介します。

間違ったスキンケア

まずニキビ対策で効果的なものとして洗顔があります。

ニキビを治そうとしてゴシゴシ洗ってしまう人がいると思いますが、それでは肌を傷つけてしまい肌の乾燥を引き起こす可能性が高くなります。

肌が傷ついたり乾燥してしまうと皮膚の表面を守ろうとして皮脂分泌が過剰になってしまうので結果ニキビも出来やすくなります。

また丁寧に洗っていても1日2回以上洗顔料を使って洗顔を行っている人も同様に肌が乾燥してしまう恐れがあります。

目安としては1日1回夜に行うようにして朝は冷水でサッと流す程度で十分です。

正しいスキンケア

では正しいスキンケアはどのようなものかというと汚れをきちんと落としてしっかり保湿を行うことが重要になります。

まず洗顔ですが、指で擦ることで汚れを落としているというわけではありません。

泡に汚れが吸着することで肌を綺麗にしていくのが本来の洗顔なのでしっかり泡を作ることと泡を肌の上で転がすような感覚で洗うように心がけてください。

次に保湿ですがこれは化粧水をたっぷり使いましょう。

手の平に乗せて顔全体を覆うような感覚でゆっくり押さえつけて浸透させます。

そして顔の水分が逃げないように今度は乳液を塗りましょう。

乳液は塗り過ぎると毛穴が詰まる原因にもなるので少量で顔に薄く伸ばすようにしてください。

これだけでも十分ニキビを対策することができます。

まとめ

間違ったスキンケアを行えば肌も傷つきますしニキビも出来やすくなってしまいます。

なのでニキビの出来ない美しい肌を作るためには正しいスキンケアがとても重要になりますので是非正しいスキンケアでニキビ対策を行ってください。