おでこは皮脂分泌が多くニキビができやすい部位

おでこは皮脂分泌が多くニキビができやすい部位です。

目立つ部位なので気になりますよね。どうしたらおでこのニキビを治すことができるのでしょうか。

おでこニキビができる原因

おでこニキビは思春期にできる傾向があります。

思春期はホルモンバランスの影響で皮脂分泌が活発になったり、角質が厚くたまりやすくなっています。毛穴お出口がふさがれているところに皮脂が大量に分泌されるので、毛穴に皮脂がたまりニキビとなるのです。大人の場合でもストレスや食事が原因で皮脂分泌が活発になり、おでこニキビができることがあります。

髪型も影響します。前髪にはシャンプーやヘアスプレーなどの成分が付着していて、これらの成分がおでこに触れることで肌が炎症を起こします。炎症を起こして肌の力が低下すると、毛穴に皮脂がたまりやすくなります。不衛生なのでアクネ菌も繁殖しやすくなります。

髪型を変えよう

清潔を保つために前髪がおでこにかからないようにします。ニキビが目立って恥ずかしいと思うかもしれませんが、ニキビを放置していると悪化してニキビ跡になる可能性があるので、早めの対処が必要です。

髪をピンでとめる、男性は前髪を短くするなどして対処します。

シャンプーや整髪剤がおでこにつくと悪化するので、シャンプーやリンスをよくすすぎ、整髪剤を使った日は入念に髪を洗うようにします。整髪剤は髪だけにつけるようにして、おでこにかからないように注意します。

生活習慣の見直し

乱れた生活習慣が皮脂分泌を活発にするので生活習慣の見直しをしてみましょう。

睡眠中は成長ホルモンが活発に分泌されて肌の生成を行っています。睡眠不足になると肌の再生が滞ってニキビの治りが悪くなるので十分な睡眠時間を確保します。遅くても12時までには眠るようにして、7時間くらいは睡眠時間を確保しましょう。

睡眠をしっかりとっておくと自律神経の働きが整い、ホルモンバランスの乱れも改善されて、ニキビが治りやすくなります。