炭酸水をうまく利用することで美肌に!

炭酸水をうまく利用すれば、美肌になることができます。

炭酸を飲むと、血管の中の酸素量が減少してしまいますが、その結果として血管が広がりより多くの酸素がお肌に運ばれるようになるのです。

顔色が優れなかったり、老化現象が止まらずに悩んでいる人は、炭酸水を飲む習慣を身に着けてみるとよいでしょう。

炭酸は、無香料のものからレモンなど果汁を加えたものまで多く販売されています。その中でもお肌のことを考えるならば、糖分が入っていないものを選んでみるとよいです。

炭酸水を毎日飲んだとしても、糖分が入っていることで、肥満などの健康上の問題を感じやすくなってしまうのです。健康を維持しながら美肌になるためにも、無糖のものを選んでみるとよいでしょう。

また、炭酸水は飲むだけではなく肌に直接使用することで、美肌効果を期待することができます。洗顔するときに普通の水を使っている人は、その代わりとして炭酸水を利用することで美しくなることができるのです。

顔を洗ってから普通の水で石鹸を落とし、そのあとの仕上げとして炭酸水による洗顔を行えば、血管の拡張とともにお肌に十分な栄養成分を届けることができます。

炭酸水での洗顔というと、刺激を感じるイメージがあるかもしれません。確かに敏感肌は特別刺激に弱いため、炭酸水で洗顔したときにピリッとした刺激を感じることもあります。

ただし、炭酸水にはアレルギー成分も入っておらず継続的な刺激を感じてしまう心配はありません。敏感肌の人が炭酸水で洗顔する際には、お肌の状態を見極めながら行ってみるとよいです。

肌荒れしていたり、乾燥している状態のときに炭酸水を使用してしまうと、しみる原因となってきます。逆にお肌に問題が起こっていない時に使用すれば、刺激を感じる心配がなくなり、快適に洗顔することができます。

炭酸水は安く購入することができるので、費用の掛からない美肌ケアを求めている人にも最適になるでしょう。

化粧水ではなく、美容液が美肌に欠かせない保湿

一般的には化粧水を塗る事が保湿であると思われています。

でも、本当は化粧水に保湿効果は期待できません。本当に必要な事は保湿成分が含有されている美容液を塗る事です。ここでは美肌に欠かせない保湿について解説します。

なぜ化粧水をつけるのか

化粧水は肌の潤いの元と思われがちですが、本当は違います。化粧水がそのまま肌の水分になる事はありませんし、化粧水では十分な保湿もできません。理由は化粧水は大半が水でできています。

水の中に保湿成分はあまり配合する事はできません。保湿効果を期待しないでください。ではなぜ化粧水をつけるのかですが、それは清涼感があるとか心地よい気分になるので使うようなものです。ですから化粧水はスキンケアに重要というわけではありません。

保湿は化粧水ではだめ

保湿はスキンケアの基本ですが、毎日ケアしているのに乾燥すると悩む人がいます。

考えられる原因の1つとして、化粧水で水分を補う事が保湿であると考えている人がいるからです。

化粧水で保湿ケアができるという考えは追い出しましょう。ではどうすればいいのかですが、それは肌内部の水分を抱えて離さない保水力がある成分を配合した美容液を使う事です。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合している美容液を用いましょう。

セラミドは保湿力が大きい

保湿成分が配合されている美容液を使っても肌が乾燥する人もいるでしょう。そんな時には保湿成分の中でも保湿力が高いセラミド配合の美容液を使ってみましょう。

即効性が高いセミラドは継続的に使用すれば肌の水分を増えす事ができます。乾きにくい肌を作る事ができます。もしセラミド入りの美容液を使用してもまだ乾燥するのなら、その美容液のセラミドの配合量が少ない可能性があります。また40代以降の人の場合は水分だけではなくて、油分も減るのでセラミド入りの美容液の上にクリームを塗り油分も補うようにしましょう。

美肌のためには保湿は欠かせないですが、化粧水で保湿が出来ると考えていた人は保湿成分が入った美容液に変えてみましょう。

夜寝てないとニキビができやすくなります。

思春期に誰もが悩むニキビ。このニキビは毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が繁殖したことによって炎症が起こり、あのニキビができます。

つまり、皮脂が詰まってしまうとニキビができるのです。そのため、ニキビを作りたくないのなら皮脂を分泌させないようにすることが一番なのです。

では、ニキビができやすくなってしまう生活習慣を見ていきましょう。

まず、有名な所で言うと洗顔のし過ぎですね。皮脂が詰まらないように皮脂を完全に落としているんだけど?というあなた、それは間違いです。
皮脂という物は肌を守る大切な物です。皮脂がなくなってしまうと体は皮膚を守ろうと皮脂をたくさん分泌させます。

皮脂は皮膚を守る大切なバリアですからね。つまり、皮脂を過剰にとってしまうと、結果的にはさらに皮脂が出てしまい逆効果に。
また、アツアツのお湯で洗うのもいけません。アツアツのお湯は皮脂を必要以上にはぎ取ってしまいます。

そのため、たとえ一回しか洗っていなくても皮脂がなくなってしまうのです。アツアツのお湯で何回も洗うというのはとてつもなく逆効果です。
顔を洗うときはぬるま湯で優しく洗いましょう。

次に、睡眠不足です。睡眠不足のどこがだめなのかと言いますと、皮膚にはターンオーバーという物があります。
これは古い皮膚が新しい皮膚に代わるという物なのですが、これは夜寝ているときに行われるのです。

つまり、夜寝ていないとこのターンオーバーが行われないため皮膚の修正が出来ず、ニキビができやすくor治りにくくなってしまうのです。
また、チョコレートやピーナッツを食べるとニキビができやすくなるという噂がありますが、嘘です。

こんな実験があります。女性二人にピーナッツとチョコレートを毎日食べてもらうという実験です。
噂が真実ならば二人ともニキビができるという結果がになるはず。しかし、二人共ニキビは一つもありませんでした。
そう、ニキビと食べる油は関係がないのです。多少は関係がある可能性もありますけど。

ただ、1つだけ言えるとしたら思春期にできるニキビ。これはホルモンのバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されることによって発生します。
つまり、脂っこい物を食べようが食べなかろうができる物なのです。ニキビを作りたくないのであれば正しい洗顔を行えば良いのです。
また、ニキビがあまりにも酷い状態になってしまった皮膚科へと行きましょう。

おでこは皮脂分泌が多くニキビができやすい部位

おでこは皮脂分泌が多くニキビができやすい部位です。

目立つ部位なので気になりますよね。どうしたらおでこのニキビを治すことができるのでしょうか。

おでこニキビができる原因

おでこニキビは思春期にできる傾向があります。

思春期はホルモンバランスの影響で皮脂分泌が活発になったり、角質が厚くたまりやすくなっています。毛穴お出口がふさがれているところに皮脂が大量に分泌されるので、毛穴に皮脂がたまりニキビとなるのです。大人の場合でもストレスや食事が原因で皮脂分泌が活発になり、おでこニキビができることがあります。

髪型も影響します。前髪にはシャンプーやヘアスプレーなどの成分が付着していて、これらの成分がおでこに触れることで肌が炎症を起こします。炎症を起こして肌の力が低下すると、毛穴に皮脂がたまりやすくなります。不衛生なのでアクネ菌も繁殖しやすくなります。

髪型を変えよう

清潔を保つために前髪がおでこにかからないようにします。ニキビが目立って恥ずかしいと思うかもしれませんが、ニキビを放置していると悪化してニキビ跡になる可能性があるので、早めの対処が必要です。

髪をピンでとめる、男性は前髪を短くするなどして対処します。

シャンプーや整髪剤がおでこにつくと悪化するので、シャンプーやリンスをよくすすぎ、整髪剤を使った日は入念に髪を洗うようにします。整髪剤は髪だけにつけるようにして、おでこにかからないように注意します。

生活習慣の見直し

乱れた生活習慣が皮脂分泌を活発にするので生活習慣の見直しをしてみましょう。

睡眠中は成長ホルモンが活発に分泌されて肌の生成を行っています。睡眠不足になると肌の再生が滞ってニキビの治りが悪くなるので十分な睡眠時間を確保します。遅くても12時までには眠るようにして、7時間くらいは睡眠時間を確保しましょう。

睡眠をしっかりとっておくと自律神経の働きが整い、ホルモンバランスの乱れも改善されて、ニキビが治りやすくなります。

ニキビが出来やすくなる間違ったスキンケア

ニキビで悩んでいる人は世代を問わず多くいるとは思います。

洗顔がきちんと行えていなかったり、生活習慣によってニキビが出来てしまうことがほとんどですが、実は間違ったスキンケアでもニキビは出来てしまうのです。
そこで今回はそんな間違ったスキンケアと正しいスキンケアをご紹介します。

間違ったスキンケア

まずニキビ対策で効果的なものとして洗顔があります。

ニキビを治そうとしてゴシゴシ洗ってしまう人がいると思いますが、それでは肌を傷つけてしまい肌の乾燥を引き起こす可能性が高くなります。

肌が傷ついたり乾燥してしまうと皮膚の表面を守ろうとして皮脂分泌が過剰になってしまうので結果ニキビも出来やすくなります。

また丁寧に洗っていても1日2回以上洗顔料を使って洗顔を行っている人も同様に肌が乾燥してしまう恐れがあります。

目安としては1日1回夜に行うようにして朝は冷水でサッと流す程度で十分です。

正しいスキンケア

では正しいスキンケアはどのようなものかというと汚れをきちんと落としてしっかり保湿を行うことが重要になります。

まず洗顔ですが、指で擦ることで汚れを落としているというわけではありません。

泡に汚れが吸着することで肌を綺麗にしていくのが本来の洗顔なのでしっかり泡を作ることと泡を肌の上で転がすような感覚で洗うように心がけてください。

次に保湿ですがこれは化粧水をたっぷり使いましょう。

手の平に乗せて顔全体を覆うような感覚でゆっくり押さえつけて浸透させます。

そして顔の水分が逃げないように今度は乳液を塗りましょう。

乳液は塗り過ぎると毛穴が詰まる原因にもなるので少量で顔に薄く伸ばすようにしてください。

これだけでも十分ニキビを対策することができます。

まとめ

間違ったスキンケアを行えば肌も傷つきますしニキビも出来やすくなってしまいます。

なのでニキビの出来ない美しい肌を作るためには正しいスキンケアがとても重要になりますので是非正しいスキンケアでニキビ対策を行ってください。

ビーグレンで綺麗にニキビを治す

ニキビの幹部を見他色により白ニキビ、黒ニキビがあります。

白ニキビは初期のニキビで、閉鎖面皰(へいさめんほう)とも呼ばれています。
蓄積された古い角質が毛穴につまり皮脂が溜まり毛穴が大きくなっている状態です。

白くなっているのが膿で初期段階のニキビです。この段階では、炎症を起こしていないので
皮膚科に相談するか、ニキビ専用のクリームを付ける事で治りやすいです。

医学的にニキビを挫瘡(ざそう)といいます。皮脂の分泌率が多く、皮脂と角質が混ざり合う為に角栓化します。
ニキビ菌が繁殖すると炎症を引き起こしてニキビとなります。

ニキビができる原因としては、ストレス、ホルモンのバランスの乱れにより
皮脂の分泌過剰、生活習慣、睡眠不足等の原因があります。

ニキビ、ニキビ跡で悩んでいる人も多いですが、ニキビの正しい知識を知り、
ニキビの対策を考えましょう。

ビーグレンで跡が残らずに綺麗に治すことができると評判ですが、実際のところはどうなのでしょうか?

ニキビに効く塗り薬は?

病院で処方される塗り薬1つ目はディフェリングです。又はアダパレンとも呼ばれています。
副作用がありますが、毛穴のつまりを改善させる薬です。妊婦さんは使用できません。

2つ目はダラシンTゲルで、抗生物質が配合されていていますが、炎症を起こしたニキビの治療に効きます。市販のニキビにはPAIRシリーズがあります。
錠剤と塗り薬があります。アクネ菌の生成を押さえ、炎症を抑えます。

他には、ACNEGIAシリーズがあります。背中にあるニキビにミストタイプがお勧めです。
広い範囲のニキビには使いやすいものです。

ニキビの塗り薬にも副作用があるものがあるので使用する時は必ず医師にどれぐらいの副作用があるのか確認し納得してから使用して下さい。

いずれも医師の処方がないともらうことができない薬ですが、ビーグレンは市販のスキンケア製品なので気軽に試すことができます。

ニキビ跡にきくニキビ専用の化粧水

ニキビの跡専用の化粧水でおすすめはリプロスキンです。

ニキビ跡が残ってしまった肌は固くなり、化粧水が肌に浸透しにくくなっていますが、この化粧水を使うと、硬くなった肌へ美容成分が浸透されます。
完全に添加物を使用していない化粧水で完全無添加の化粧水です。

肌がキレイになるのが信じられない人でも安心です。60日間の返金保証があるので安心して購入できます。

使ってすぐにニキビ跡が消えることはありませんが、しばらく使っていると効果が現れます。

ビーグレンと一緒に使ってみても良いかもしれませんね。