お尻ニキビと背中ニキビについて

お尻ニキビって、顔みたく誰彼に見られないのに、できたことに気付くと何とも切ない気持ちになりませんか?
私の中で「お尻ニキビ=汚くしていた」イメージがあるからだと思います。

実際に私は夏にできることが多かったです。

そして、顔に塗っている軟膏なんかをお尻に塗るのって空しいというか何というか・・・。
その姿もどうせマヌケですよね・・・。

ネットで調べたら、お尻ニキビはシャワー派の人がなりやすいそうです。

そういえば、最近は息子をお風呂に入れるから、シャワーだけってことはなくなりました。
だからなのか、しばらくお尻ニキビはできてませんね。

お尻ニキビとシャワー

そう思うと、シャワーって難しいですね。

私は、実家では朝シャワーで夜お風呂でしたが、その間、お尻ニキビって知りませんでした。

実家を出てからは、朝も夜もシャワーで、時々、お尻ニキビができていました。
結局は汚れが落としきれていないってことですよね。

考えてみれば、シャワーは上の方から浴びます。
お尻はそんなに重視せずに、ざざっとかけて終わりかもしれません。
そりゃあ、お風呂との汚れの落ち方は全く違いますよね。

いつも気を抜いたころにできるお尻ニキビですから、今年はお風呂に入っていても気を付けようと思っています。
なんて、さっそく今朝、手抜きに気付いてお尻にシャワーをかけ直しました・・・。

背中ニキビは

背中のニキビも、大人であれば、それほど数もでません。

思春期頃には、背中に汗をかきがちな、生活をしていると、背中一面がニキビでいっぱいという状態になることもあります。

皮脂が出やすい状態で、汗をかいたままでいたり、下着が汗を吸わないものだったりすると、毛穴が詰まって、ニキビがでたり、毛包炎になったり、悪化したりもします。

例えば、中学生や高校生で、ニキビが出やすい年頃の時に、最近では、背中に背負う通学カバンが多いのです。

制服とニキビ

更に、制服も、男子学生の服などは、ブランドの学生服だったり、綿100%出なかったり、ということもあり、通学で汗をかいても、そのままの状態で授業を受けて、更に部活で汗をかいてということも背中ニキビを悪化させてしまいます。
できれば、夏場などは、汗をかいたら、せめて上の下着のシャツを着替えたりすることができると、少しは違います。

背中のニキビはケアしにくい

普通は、夜にお風呂にはいりますが、寝汗をかいている人などは、朝シャワーを浴びて背中を清潔にしてから、外出するというのもニキビを悪化させない良い方法です。

特別の洗剤で洗ったり、ニキビの薬を塗ると言っても背中は広範囲で、自分では塗りにくいので大変です。

お風呂で清潔にするというのなら簡単にできる方法です。